カテゴリ:大福( 40 )

愛しい大福

去年の今日は、大福と永遠のお別れをした日。
ポカポカのいいお天気だったなぁ。



ある日、本屋さんでこの雑誌が目にとまりました。
犬好きにはたまらない特集です。
e0097536_2312233.jpg

パラパラとめくっていたら 抱っこされて振り返るこの姿。
甘えっこだね。
なんだか 惹かれました。
e0097536_2341383.jpg

これが パグとの出会い。

北九州のブリーダーさんから、5頭の中の一番小柄で
おとなしそうな男の子が家族になりました。
黒いワンコには赤い色が似合うから 
女の子だったら名前は『いちご』にしようと考えていたけど
男の子なので、『大福』 

字のごとく 大きな福ですもの。
我ながらいい名前だなぁ~!
いまだに 自画自賛してます。 あははっ



いつまでたっても 眠くなるとタオルをチュパチュパして
子供のようだったな。

ワタシにべったり甘えっこで、ヤキモチやきで
興味をひくために いたずらしていたっけ。

大福のおみみ 歩くたびにパタパタして
柔らかくて カミカミしたくなるくらい 大好きだった。



今日は、大福の好きだったイチゴを買ってきました。

数えきれないくらいの 幸せをありがとうね。

永遠に 大好きだよ。
[PR]
by sandalwood-y | 2013-05-07 23:50 | 大福 | Comments(2)

愛しくて・・

夕ご飯にでかけた帰り道

「時々、大福を想い出して 悲しくなる時があるんだ」
ぽつりとオットが 言いました。

あの晩、大福は 眠っているワタシの腕から 足元にいたり
リビングに行ったり 自分の体に起きている異変に
じっとしていられず 朝まで徘徊していたそうです。

それが とても心配で オットは一晩一睡もできなかった。
「大福は、きっと何が何だかわからないままに逝ってしまったと思うんだ。
それを思うとね・・」



今月号の 九州のペット情報誌 犬吉猫吉のお散歩ウォッチングに
ハウステンボスで撮影していただいた 大福が載っていました。
e0097536_1635182.jpg
ワタシはこの写真を見た瞬間 涙がこみあげました。

いつも黒光りしていた顔が
こんなに真っ白になっちゃうなんて・・

3年の時の流れを感じました。

ぶぶがいなくなった寂しさ、病魔がむしばんで 
加速して 白くなってしまった。
大福は 心も体も いっぱいストレスを抱えてたね・・


4月15日 ハウステンボスにて
e0097536_17385142.jpg

e0097536_1739379.jpg

e0097536_17391591.jpg



携帯の待ち受けの大福が いつもワタシを見つめる。
キュンと胸が痛み 涙がでそうになる・・

ぶぶもそう・・

いつも いつまでも愛しいのです。
[PR]
by sandalwood-y | 2012-07-27 16:58 | 大福 | Comments(6)

天まで とどけ

あっけなく あっという間に お星様になってしまった大福。
ずっと茫然自失の状態が続いて PCの前に座っても
頭の中で言葉が文章になりませんでした。

泣きたいのに涙がでない・・



テーブルに、まさか今度は大福の写真を置くことになるとは・・
e0097536_1742688.jpg
そして、ゆうべは大福のリードを忘れてきたので 病院へ行ってきました。
e0097536_18283565.jpg
診察待ちで混んでいる中、たぶん30分くらいもの長い時間
先生から説明がありました。


手術では、かなり切除して 腫瘍は残っていなかったこと。
そんなに簡単に転移する腫瘍ではないから 可能性は低い。
初めから すい臓に腫瘍があったとしたら 少しずつ血糖値に変化があるはず。
動物用のレントゲンには写らない小さな腫瘍が どこかにあったのかもしれない。
犬のすい臓は薄いので 写りにくいらしいです。


5日の土曜日、インターフェロンの注射から帰った大福は
夜9時にご飯をモリモリ食べて元気でした。
10時頃からソワソワして 尻尾がギュッと股に入り 夜中に3回嘔吐。
大福は、痛くてどうしたらいいか 眠っているワタシの枕元と足元を
一晩行ったり来たりしていたそうです。
オットは、大福が心配で一晩寝ていなかったって。


6日の朝一番に、病院に駆け込んだときは血糖値75くらいだったのが
7日月曜日の朝には血糖値11になったそうです。
先生が診察の合間 大福に話しかけて 意識もあって
午前中 立ち上がってウン〇(血便)をしたらしい。
そして お昼 虹の橋を渡ってしまいました。


一気に谷間に突き落とされたような急変は 例がないそうで 
本当は解剖したかったらしい。
今後の医療に役立てるためにも そのほうがよかったのかもしれない。


でも、安らかに眠っている顔をみて 1分でも1秒でも早く
ワガヤに連れて帰りたかった。
まだ温かい体に 傷をつけたくなかった。



いま思えば、振り向いたこの表情も いつもと違った。
e0097536_21443381.jpg
みなさん
変だぞ・・って思ったら すぐに病院で診てもらってください。
診察しているからと 安心しない。
早くみつけて早く治す!
決断を誤ると 手遅れになります。


あの時に こうしていれば・・


元気でも、進行は早いです。



もしかしたら、ぶぶが逝ってしまったことが精神的なストレスになって
免疫力が弱り 腫瘍が活動し始めたことも無きにしも非ず。

九州旅行では、みんなにいっぱい撫でてもらって 楽しい思い出ができたけど
もしかしたら疲れが、体のストレスになったかもしれない。

難しいね。



大福が頼りにしていたぶぶが居なくなって寂しかったのかもしれない。
ぶぶが寂しくて 「早くおいでよ」って 大福を誘ったのかもしれない。

一緒に仲良く笑っている姿が みえるみえる。
ぶぶ  甘えっこの大福をお願いね。


ワタシも ゆっくり心をリセットしていきます。
[PR]
by sandalwood-y | 2012-05-16 19:19 | 大福 | Comments(4)

大福 旅立ちの日

お散歩日和のいい天気でした。

いつものお散歩コースや、以前住んでいた郊外の家の近くを
車でグルッとドライブしました。

ぶぶと大福を とてもとても可愛がってくれた
ワタシの実家の両親が来てくれて 
オットと4人で 大福をお見送りしてきました。
ぶぶのときは、泣き崩れました。
だから大福には、涙はあふれても しっかり見送りたかった。
e0097536_20244145.jpg
ここに2つ並ぶなんて・・
大福と3人の生活のリズムができて、
甘えたい放題の充実感で 大福も落ち着いてきたところだったのに。



とうとう ぶぶも大福も いなくなってしまいました。

「大福が待っているから 早く帰らなくっちゃ」
そうだ もう急いで帰らなくてもいいんだ。

今朝は、トースト食べながら 大福にあげるひとくち分を無意識に ちぎってました。


15年と12年と 一緒に生活してきたから
頭が、体が、ぶぶと大福のことばかり考えてしまう。


静かな部屋には、ぶぶと大福が使っていた物が そのまま。


ぶぶが逝ってしまったときとは違った
大きな穴が、心にぽっかりと空いてしまいました。

ぶぶのときに みなさんから励ましていただいた
言葉のひとつひとつを思い出して
なんとか平静でいられる自分がいたり
例えようのない虚しさ、淋しさ、哀しさで グッとこみ上げてきたり・・

うまく表現できません。
[PR]
by sandalwood-y | 2012-05-09 20:58 | 大福 | Comments(6)

大福 おかえり

昨日のお昼、病院から家へ帰る車の中。
ワタシの膝の上で、タオルにくるまれた大福は 
まるで眠っている赤ちゃんのようでした。
e0097536_23173366.jpg
ポカポカのお日様に照らされて 気持ちよさそうだったので
抱っこしながら 写真を撮りました。



あまりに突然だったので、先生から解剖で直接の原因を調べることも・・
との話もありましたが、二度と戻らないから もう原因はどうでもいいんです。

「このまま連れて帰ります」



今日は、仕事でした。
職場の歓迎会を 昨日は欠席したので
注目の的となりました。
でもね、一日元気に振る舞えました。

明日は、大福をしっかり天国へお見送りしなくっちゃ。 
[PR]
by sandalwood-y | 2012-05-08 23:51 | 大福 | Comments(2)

再び 遠いお空へ

ポカポカのいいお天気。
大福が 遠いお空へ 逝ってしまいました。

あまりに急すぎて・・

お昼に病院から危篤の連絡があって
勤務先からタクシーで飛んでいきました。

案内されたのは 手術室。
すでに心臓マッサージをしていました。

オットは一足先に到着して 大福を見守っています。

おとといまで いつもどおり元気だったのに。

ワタシの到着まで マッサージをしていてくれたけど
13時10分
永遠の眠りにつきました。



今夜、帰ってきた時のために
お洗濯して
ハウスを整えていたのに・・
e0097536_16115110.jpg
信じられません。
どうしていいか・・
涙が あふれます。
[PR]
by sandalwood-y | 2012-05-07 16:13 | 大福 | Comments(9)

ひとりぼっち ふたりぼっち

昨日は、5回目のインターフェロンの注射の日でした。

「ただいま~!お腹空いたよ~!早くご飯ちょうだい~!」

大福は、元気に帰って来て
いつものように、夕ご飯を食べました。

しばらく ワタシとオットの間でじゃれたりして寛いでいました。
尻尾がダラ~ンと下がっているのに気がついたのが10時頃。
なんだか眠そうだけど眠れない様子。

布団に入っても 寝ては起きてを繰り返していました。
夜中の2時頃だったかな・・
嘔吐。朝までに3回。

毎朝、PHコントロールのご飯を食べた後 ワタシのトーストを
おねだりするのに 反応なし!
e0097536_22472973.jpg
「食べる?」
チラ見して「いらない」
e0097536_22474320.jpg
水も飲まない。
病院に連れて行く直前、 吐き気がして立とうとするけど
踏ん張れなくて よろめいて倒れてしまう。
e0097536_2259243.jpg
手足が冷たい。
時々 体が震えている。



いきつけの病院は 日曜日も休みでなくてよかった・・
こんな時に 駆けつけられるって助かります。

血液検査では、白血球、肝臓、腎臓の数値が高くなってました。
肥満細胞種の治療薬の 消炎剤と抗生物質の影響もあるらしい、とのこと。
もしや誤飲?再発、内出血も疑って レントゲン検査。
どれも発見できませんでした。
そして血糖値が低かったので一日点滴をして 夕方お迎えに行きました。

あれ?

くた~っ、として朝と同じだ。
自分で立てず、目にも力がない。

急変した原因がいまひとつ わからず
回復しなかったので 今夜は病院にお泊りになりました。
明日も検査をして、夜お迎えに行きます。



今夜は、大福がワガヤの家族になってから 初めての ひとりぼっち。
去勢で入院した時は、ぶぶが一緒だった。

ぶぶは今年1月の緊急手術の時が、初めての ひとりぼっち だった。

そして、ワタシとオットも ぶぶも大福もいない ふたりぼっち。



し~ん

「何か喋ってよ」
「喋ることないもん」

「二人なんて嫌だなぁ」
「同じ」

「大福が、ぶぶに置いてけぼりにしないでって・・」
「そんなこと言うな~!」

し~ん



一緒の枕で 添い寝している大福がいない今夜。
さびしいな~・・


★★★


久しぶりに、市場へ行ってきました。
白ペキちゃんが いない。
「昨日 売れたよー」って。
そっか・・
ワガヤは決断するのが遅かったからね。
優しい家族にめぐりあってよかった。
幸せを祈っています。
[PR]
by sandalwood-y | 2012-05-06 23:59 | 大福 | Comments(0)

お里帰りのカウントダウン

ベランダの物干し竿がザラザラ汚れてました。
なんでも昨日は、盛岡にも黄砂が降っていたらしい。

天気予報では、「今日も黄砂に注意するように!」
空を見ると、春霞なのか 黄砂なのか わからない。

でも こんないい天気に洗濯しなきゃ もったいない。
午前中だけ外に干して、午後は室内干しにしました。

       emoticon-0157-sun.gif

今日は、大福の診察の日。
背中まで しっかり包帯でグルグル巻きにしていたからか
漿液(しょうえき)は 溜まってなかったそうです。

で、今日は簡単に下半身だけグルグル巻き。
白いおパンツはいているみたい~。
写真は ありませ~ん。

       emoticon-0157-sun.gif

去年の4月は、ぶぶと大福が楽しく過ごした福岡へ
お里帰りを計画してました。
震災後、仙台空港も復興したので 今週の土曜日から
福岡へ 大福とオットと プチ旅行です。
もちろん 一番行きたかったぶぶも一緒。

出発までに 大福の包帯取れるかな~?

       emoticon-0157-sun.gif

2003年4月
海ノ中道でのお散歩ウォッチング会場にて。

ぶぶが はしゃいで笑ってます。
並んで写真を撮ろうと思ったのに
e0097536_23355552.jpg
このあと、大福にまたがって グラグラ揺らして どかしました。
若い頃のぶぶは、しょっちゅう はしゃぎすぎて
悪ふざけしては 怒られてました。(笑) 
e0097536_23361041.jpg

[PR]
by sandalwood-y | 2012-04-10 23:25 | 大福 | Comments(8)

ようやく抜糸だけど・・

昨日は、大福の診察の日。

日頃から動き回って 落ち着きがない大福。
手術2日目から包帯を外したので
切除した部分に漿液(しょうえき)が溜まってしまい
診察のたびに 注射器で除去してもらってました。

昨日も注射器で1本分。
念のため、鏡検してもらったけど
再発はしてませんでした。

だけど、やっぱり漿液の量が多いので
また固定することになりました。
厳重に背中まで固定したので さすがに振り向いて気にしてます。
e0097536_17211676.jpg
「見ないでよ!」
とでも 言いたげの大福。
股ズレしているかのような歩き方になって
チョッと笑えます。


今日も 全然ジッとしてませ~ん!
ようやく抜糸したのに 大丈夫ー?
落ち着け~!
お昼寝しなさ~い!

今ごろになって 眠ってくれました。 ホッ・・

朝晩の飲み薬にプラスして
明日から、週2回インターフェロンの注射が始まります。



大福♪ ファイト♪♪

家計も♪ ファイト♪♪
[PR]
by sandalwood-y | 2012-04-07 17:43 | 大福 | Comments(2)

検査結果は・・

大福の病理検査の結果が27日にわかりました。
やはり肥満細胞種という悪性の腫瘍でした。

最大限摘出したそうですが、しこりの底になる部分が不明瞭のため
再発の可能性があるとのこと。

今後の治療を、どうしていくか 今日先生と相談した結果
抗がん剤で苦しんでも、再発しないとは限らない。
体に負担がかからないような薬で 腫瘍を抑制していこう。

これは、検査結果がわかった日に
オットと一致した考えでした。

ぶぶの病気は 治してあげられる!と思っていて 
結局 ぶぶの痛み、苦しさを取り除いてあげられなかった。
だから大福は、再発したら 最後の手段として
抗がん剤を使うかもしれないけど 
期限を宣告されたら 痛みと苦しさを取り除いて
最後まで楽しく普通に生活できるようにして
過ごさせてあげたい。


甘えっこの大福。
心配しないで。
いつも一緒に そばにいるからね!

*** *** ***

ぶぶのお供えの花は、絶対 菊の花以外の
カワイイ花にしようと決めていました。

ある日、お花屋さんのウィンドウから見えた
ぽんぽんのような菊が目に入り 
飾ってあげたいと思っていたら 産直で見つけました。
e0097536_22232074.jpg
写真立ては オープン間もないころ 『こてじゃーな』 さんから
大福の誕生日に 頂いたもの。扉付きなんだよ~♪



写真は3年前、盛岡に引っ越して間もない6月。
材木町の土曜のよ市で、ペキニーズ華ちゃんのパパ、ママ 
ヒデさんとこまちさんが 撮ってくれた貴重な写真です。
e0097536_0135497.jpg
ぶぶも大福も元気いっぱいだった頃。
カートには 買ったばかりの苺をたくさん積んでいたっけ。
[PR]
by sandalwood-y | 2012-03-31 23:29 | 大福 | Comments(2)

15歳4ヶ月でお星様になった ペキニーズのぶぶと12歳3ヶ月13日でお星様になったパグの大福  いつまでも一緒                 2012年6月ペキニーズのむむが家族になりました


by sandalwood-y
プロフィールを見る
画像一覧